Staff Blog

『高野山 金剛峯寺①』

11月3日(金祝)
「金剛峯寺奉納コンサート
川島ケイジ~夕暮れと白い月~」

が行われる『金剛峯寺』のご紹介です。


高野山真言宗の総本山として有名な場所ですが
元々は豊臣秀吉がその母のために建立した
青巌寺(せいがんじ)が前身となっています。

 

 

本坊の主殿は東西60m、南北70mという広大な面積、
内部には狩野探幽他の貴重な襖絵が多くあり
数々の歴史に残る部屋、
文化財ともなっている「台所」では
一度に2000人分のご飯を炊いていたという
3つの大きなお釜も見ることができます。

 



そんな金剛峯寺の入り口は意外にも質素、
しかし内部に入ると
その文化的歴史的価値に驚かされます。
 


多くの素晴らしい作品は下のホームページなどで
ご覧になれますので
ぜひご覧になってみてください。
高野山真言宗総本山 金剛峯寺
金剛峯寺 Facebook

 

 

 

 

広大な内部を拝観するとその奥に
普段は非公開の「奥殿」があります。
普段はこんな感じに行き止まりとなっています。


 

 


今回打ち合わせのため
奥殿の内部を見せていただきました。
こちらにも貴重な文化財の数々。
その奥殿を囲むのは日本で最も広い石庭である
「蟠龍庭(はんりゅうてい)*」。
今回コンサートを通して
普段入ることのできない空間を
どうぞご堪能下さい。
*雲海の中で2匹の龍が対峙し奥殿を護っている姿が表現されているといいます。


 

 

 

 

回この奥殿でコンサートが行われるわけですが
皆さまをご案内するお部屋にも
非常に貴重な襖、屏風がぐるりと設置されています。


ぜひ間近でこれら歴史的な作品を
楽しんでいただきたいと同時に
作品にはけして触ったり
もたれたりなさいませんよう
ご協力、ご理解をお願い致します。
 
(金剛峯寺より)


 

 

次回は金剛峯寺より
おススメの催事などをご紹介いたします。


 

金剛峯寺アクセス *************************************

〒648-0294 和歌山県伊都郡高野町高野山132
TEL : 0736-56-2011(代)FAX : 0736-56-4640

新大阪から
地下鉄御堂筋線天王寺方面行で「なんば駅」⇒
徒歩で南海高野線「難波駅」へ⇒
南海高野線で「極楽橋駅」⇒
南海高野線ケーブルで「高野山駅」⇒
(ここからはバスかタクシーとなります)
南海りんかんバスで
・「奥の院前行」では「千手院前(東)」バス停
・「大門行」では「金剛峯寺前」バス停
で下車してください。



*上記の金剛峯寺入口の写真手前には広い駐車場があり、
その駐車場を挟んで「高野山大学」、というロケーションとなります。

**********************************************************